フラット35の収入合算者

フラット35

住宅ローンなどで適用されるフラット35は35年間の長期固定金利返済型ローンです。
そして住宅ローンの商品の名称でもあります。
フラット35のメリットとしては最長35年間金利が固定である事、保証費用が0であり、保証人を必要としません。
そして繰り上げ返済手数料も無料となっています。
またフラット35は収入を合算して申請することが出来、一人の収入が低くてももう一人の収入を合算させることにより、借入額を増やすことも出来ます。
フラット35の収入合算者の対象となるのは年令が70歳以下であること。

借り入れを行った本人と同じ住居である事、連帯債務者となる事が出来る人、そして直系親族者、または配偶者か婚約者が対象となります。
収入合算出来る金額は合算者の全ての金額を合算することが出来ます。

1年以上の勤続であればパートやアルバイトでも合算することが出来ますので、中にはフラット35で希望の金額の借り入れを行うためにパートに出る専業主婦の方もいます。
フラット35は毎月の返済額の4倍以上が月収となるように設定されます。

単純に考えると毎月の返済額が10万円である場合40万円以上の月収が必要になります。

しかし、フラット35の収入合算者と合算することでそれ以上の借り入れを行う事が出来ますので、合算者を設定した方が希望の金額を融資して貰えます。

フラット35を借りるならどこの銀行が良い?

住宅ローンランキング!おすすめ銀行は?【2017年3月最安金利】
住宅ローンフラット35で人気の銀行はどこ?
ランキングで紹介しています!
金利の他に、手数料やサービス面もよく比較して決めましょう!
xn--nckg3opa4abb1e3222bfsza8eip2a.com/