保証人と連帯保証人

保証人と連帯保証人の詳細について

保証人と連帯保証人は一緒であると思っていませんか?実は保証人と連帯保証人は似ているようで全く別の存在ともいえるのです。
まず、保証人についてですが、保証人とは借り入れを行った債務者が何らかの理由で返済に滞りが生じ、借り入れをした債権者が保証人に債務者が放棄した返済を請求できる存在なのです。
しかし、保証人とてそんな事で返済を迫られても困ります。
よって元々の債務者に請求してください。
または債務者の財産を差し押さえてまで返済請求をしてください。

と主張することが出来るのです。
一方連帯保証人とは債務者が返済を放棄した際、有無を言わさず返済を請求されるのです。
保証人であれば返済を免れる所が連帯保証人であるという事で支払いを余儀なくされます。

返済能力がない場合は連帯保証人の財産差し押さえも考えられますので、保証人に設定する際には保証人であるか連帯保証人であるか注意することが必要です。

また消費者金融側も請求が難しい保証人よりも連帯保証人の請求をしてくる業者も多いですので保証人が必要な業者の場合には保証人であるか連帯保証人が必要であるか確認が必要です。

この事から保証人にはなれても連帯保証人には絶対なりたくないと言う人もおおいですが、何もなければよいですが、もし万が一何かあったりしたら…。
と思うと保証人でさえも安易に引き受けない事が懸命であります。

ミックスローンってどんなローン?

ミックスローンのメリットとは?シュミレーション比較!【諸費用高い?】
ミックスローンをかりる時には固定金利と変動金利の組み合わせ方が重要です!
よく研究して借りるようにしましょう。
金利が低いおすすめの住宅ローンも紹介しています!!ぜひご参考に
www.mixloan-merit.com/