貸金業の営業!

貸金業の営業と知事登録

闇金や闇金業者という言葉を聞いた事がある人も多いと思います。
しかしその実態については少ないと思いますが、闇金業者とは国や都道府県に届け出を出していない金融業者なのです。
通常、貸金業の営業を行う際には各と都道府県の知事登録を行わなければ営業ができません。
そして、営業を行うに当たって固定電話の登録も行う必要があります。
そして広告には登録された固定電話番号を掲載する事を条件に営業を許可しているのです。
貸金業の営業と知事登録は密接な関係があり、固定電話で登録することも所在の確認がとれ、法に触れる営業を行っている際には直ちに営業防止を行う事が出来るため固定電話番号の登録を義務付けています。
知事登録を行っている貸金業の営業と知事登録を行わない闇金業者では返済利息も明らかに違いがあり、法に反する取り立てをされる事あります。
そして通常年収の3分の1までの金額しか借り入れをする事ができませんが闇金業者ではそれ以上に借り入れを行う事が出来ます。
そして多重債務に苦しむ人が、返済の為に闇金から借り入れを行う事も少なくなく、差ならル借金に追われることも多いのが現状です。
その為、闇金業者で借り入れを行い法外な利息を請求された場合は法律相談事務所にいち早く相談することをおすすめします。
どんな些細なことでも解決につながると思いますので、一人で悩まない事です。