教育ローンと教育一般貸付の違い

教育ローンと教育一般貸付

教育ローンとは子供の教育の為の学費として借り入れが出来ローンであり、教育一般貸付とも呼ばれています。

このため、教育ローンと教育一般貸付は同じ意味を持ちます。

この教育ローンと教育一般貸付は国のローンであり、公的に借り入れを行う事が出来ます。

公的ローンというだけあり、金利も民間の一般企業から借り入れを行うよりも低金利で設定されていますが、その半面借入額は民間企業よりも小さいと言えます。
またこの教育ローンを利用するに当たって、国が対象とした学校に入学して在学する必要があります。

教育ローンですので、当然の事ですよね。

そして教育ローン融資に当たって子供の人数にもよりますが、収入制限がありますので設定された年収以上の収入がある場合は借り入れをする事ができませんのでご注意ください。

この教育ローンで借り入れをした資金の用途は入学金や毎月の学費、通学の為の移住費用、交通費、そして教材費として幅広く使用することが出来ます。
そして最高200万円までの融資を受ける事ができ、入学するに当たって必要な資金を準備することが出来ます。

しかし、国の公的ローンであり、金利も低いですが、返済を遅らせれば送らせるほど利息が増えていくので毎月の返済は滞らせる事がないように注意をしましょう。